2013年04月21日

ロックの漫画だ『ROCKOMANGA!』 6コマだから『ROCKOMANGA!』

130421-1.jpg130421-2.jpg
4月25日、『ROCKOMANGA!』が発売されます!
日本で唯一のヘヴィメタル専門誌「BURRN!」で23年間連載してきた、あの『ROCKOMANGA!』です!

といっても、これまでにさんざんTwitterやFacebookで告知しまくりましたから「何を今更な」感が、なきにしもあらずですが、
初出しの情報もあるので、まあお読みください。


まずコミックナタリーへリンクをしておきましょう。
http://natalie.mu/comic/news/88946
ここで発表された日、いきなりAmazonの予約が伸び、
音楽部門の1位、エンタメ部門の40位に上昇しました。さすがのナタリーさまです。


次に、発売元のリットーミュージックのリンクです。
http://www.rittor-music.co.jp/books/12317105.html

え、シンコーじゃなくてリットーなの? どうして? 
そういう疑問もネットでたくさん見ました。
社会ではそういうことも起こりえますと、お答えしておきましょう。
どうしても知りたい方は、お買い上げになり、本文を読んでいただければそれも判るようになっています。

気になる中身はこうです。
★描き下しカラー漫画!!(ちょびっとだけど)。
★連載作品は完全収録!!(一部の告知では「ほとんどすべて」になっていましたが「全部」です。僕が落としたときに、BURRN!編集部が作った一本だけが未収録)
★すべての作品に解説つき!(23年の連載ですからね。そりゃ必要でしょう)
★作品は一年ごとで章立てがされており、各扉には「その年の社会の出来事」「メタル界の出来事」「代表的メタルアルバム」がつけられているので、資料的価値も。
★ボーナストラックとして、メタルネタの単行本未収録作品をプラス
★キクニのインタビュー
★キクニの極私的アルバム10選

もう盛りだくさんです。
お待たせしましたからね、せめてものお詫びです。

サイン会もあります。
公式もあれば非公式もあります。

◎まず公式。

以下のイベント会場の中で、販売&サイン会をさせていただくことになりました。
入場料が必要なイベントなので、僕の本だけをお求めになることはできませんが『ROCKOMANGA!』のファンならば、絶対に損のないイベントです。

『Thanx, RONNIE JAMES DIO Live Vol.2』
〜In Memories of Cozy Powell〜
5月18日(土)渋谷Duo MUSIC EXCHANGE

http://ameblo.jp/tokyoonkyorock/entry-11514388106.html

リンク先を見てください。
しょっぱなに僕の告知が出ますが、それは飛ばしていただいて。

ほらほらすごいでしょ?
あの人やあの人、それにあの人なんかも出るんですから(とてもここでは書ききれません)。
僕はもともとお客さんで参加する予定で、実は出演者にチケット手配もしてました。
だから、企画者の「ディオケン」(日本のロニー)さんから、このサイン会の提案をいただいたとき、一度は断りました。
だって、机に座っていたくないでしょ。最前列で叫んでいたいじゃん。

ということで注意が一つ。
(サイン会注意1)曲目によっては、サイン会のブースを留守にしています。ご了承ください。

注意をもう一つ。こっちはいい注意。
(サイン会注意2)お持ちになった『ROCKOMANGA!』にもサインさせていただきますので、他でお買い上げになった方はそれをお持ちになってください。

◎続いて非公式のサイン会。

ももクロの出演発表で大変な騒ぎになっているオズフェストですが、
これの二日め、ももクロが出ない5月12日(日)に僕は観に行きます。
なので、会場で僕を見つけた方、よろしかったらサインを求めてください。

(注意1)あくまでもゲリラなので、主催者なんかに問い合わせしないようにお願いします。もちろん販売もありません
(注意2)僕が当日着ていくシャツは、前日にここで発表します。
(注意3)12日は最後までいますが(そりゃそうだろう)入場時間は未定です。
(注意4)サインペンは僕が持って行きます。本だけお持ちください。
(注意5)ナイスアイデアだと思ったんだけれど、手荷物はクロークに預けているだろうし、本だけ持ってウロウロするの大変だし、ましてや、それを持ってモッシュするのは不可能だし……そのリスクを克服した方だけ、どうぞよろしく。

◎サイン会(公式&非公式)は他でも行う予定です。
決まり次第発表するので、しばらくお待ちください。

★本日の画像
1)届いたら予想したより大判で嬉しい驚き(本になるまで知らなかったヤツ)
2)表紙作画過程 1アイデアラフ、2下描き、3ペン入れ、4パソで色付け、5デザイナーさんが完成
posted by kikuni at 18:43 | 日記