2012年08月28日

トーク・イベントやります

120828.jpg


書評家&ライターの杉江松恋さんがホストでやっているトーク・イベントのゲストに指名いただきました。
新刊『シンヂ、僕はどこに行ったらええんや』についてしゃべります。
詳細はこちら。

http://www.go-livewire.com/#117

有料なので、ちょっとビビってますが、お暇な方、どうぞよろしくお願いします。
当日、本の販売もあります。もちろんサインも書かせていただきます。

  ※  ※  ※

さて、その決定を聞いたあとの、土曜日の朝のこと。
Twitterを見てビックリする。
なんと、トークのホストである杉江さんが、石巻からツイートをしていたのだ。

「え、どういうこと!?」
前日、金曜日は一日ネームを描いていたので、TLを少しも見ておらず、
杉江さんがどうしてそこにいるのか、事情がさっぱり判らない。

慌てて発言をさかのぼってみると、どうやら金曜日から一泊二日で宮城県に取材に来ているらしい。
しかも、この日の朝は、東松島市の野蒜(のびる)ーー僕がボランティア活動をしている場所ーーにもいたではないか。

まさか……僕と対談があるから、本で描かれている現場を取材に行った?
わざわざ?

すぐにリプを返し、色々と訊くと、僕の本とは関係なく、この旅行はとっくに決まっていたものらしい。

なるほど、逆か。
石巻に行く予定があったから、僕の本に何かを感じてくれたのだろう。

どっちにしろ、こんなチャンスはない。すぐにメールを出した。
「このあとの予定はどうなっていますか? また、野蒜に戻ることは可能ですか?」と。

偶然にもこの日は、僕の本に登場する仲間たちがそこで作業をしていた。
そしてその中には、本のタイトルになっているシンヂ、表紙とセンターカラーの写真を担当してくれた成瀬くんもいるのだ。

杉江さんからの返事にはこうあった。
「少しの時間ですが、戻ることは可能です。ぜひ、その方たちにお会いしたいです」

すぐになるちん(成瀬君)に電話して「そういうことになったのでよろしく」と伝える。

そして「良かった、間に合った」と、胸をなでおろす。
なぜなら、このあと僕は「ダイナマイト関西VSギャグ漫画家大喜利バトル」に出場するために、しばらく彼らと連絡がとれなくなってしまうから。

イベントのリハをやっている間に、杉江さんのツイートを見た。
「喜国さんの仲間にお会いした。次は作業をしに来ようかな」
同時になるちんからもメールが届いた。
「杉江さんに会えました。少しの間でしたが、作業もしていかれました」


なんと、作業までしてるんじゃん、杉江さん。

なるほど、無事になるちんに会えたのは判った。
ところで……シンヂはどうだったんだろう?
作業現場は一つではないから、短時間では会えない可能性の方が大きい。
でもまあそれは些細なこと。
トークイベントのネタが一つでも増えたことを喜ぼう。


気にかかっていたことが片付いたおかげで、大喜利は心置きなく戦えた。
みうらじゅんさんと組んだタッグマッチは対戦相手が強力だったため(バッファロー五郎 竹若さん&博多大吉さん)ぼろ負けだったが、総合では漫画家チームの勝ちで終わって、万々歳。

その後の打ち上げでは、好きな芸人さんたちと話すこともでき、本当にいい一日で終わることができた。

そして、
一日経過した日曜の夜。

ボランティア仲間との連絡掲示板を見ていた由香ちゃんが、突然、笑い出した。
疑問に思う僕に、由香ちゃんはその書き込みを指し示す。

そこにはこうあった。

「喜国さんのお知り合いの方、さっそくシンちゃんに、ひどいあだ名で呼ばれてました」


これは笑うしかなかった。

シンヂは、僕の本でも〈ひどいあだ名をつけるキャラ〉として登場しているのだが、
初対面の相手に、しかも会ってすぐ、とは思わなかった。

ひどいあだ名。

訊かなくてもだいたい想像はつく。
シンヂの好きな単語は五つほど。
そこから杉江さんのイメージに合わないものを二つほど外し、
残りを組み合わせる。

もうね、どれをどうやってもひどいのしか作れない。

ああ、ゴメンよ、杉江さん。
文学畑で生きてきた杉江さんには、論敵はいたとしても、ただ普通に口の悪いヤツなんていたはずなんてないのだ。
何て呼ばれたのか知らないけれど、悪気はないヤツなんで、どうか許してください。

ということで、
四日のトークイベント、ますます楽しみになってきた。

みなさんも気になるでしょ? 
杉江さんのひどいあだ名。

知りたい人はぜひ、会場へ。

★本日の画像
野蒜で作業する杉江さん(真ん中の黒シャツ)。その横の白シャツがシンヂ(撮影 成瀬敦視)
posted by kikuni at 07:08 | 日記