2014年04月15日

『本棚探偵 最後の挨拶』発売

『本棚探偵最後の挨拶』が16日(一部地域は18日)に発売になります。

140416-01.jpg
今回の函の色は紫。
書店で見つかられなかった人はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4575306266

ということで、内容紹介!!
(その1)
年末恒例の日下三蔵邸の本の片付け。
ホームズ研究家の北原尚彦さんと共に参加した探偵だったが、例年以上の絶望的な量の本に打ちのめされる。
だが、日下さんは不敵な笑みを浮かべ、勝利宣言を告げる! その驚愕の根拠とは!?
「ゴジラ対キングギドラ」

140416-21.jpg
日下邸の本! ここを掻き分けて行く。

140416-22.jpg
さあ、この奥はどうなっている!?

(その2)
「リーでーす」
「ダネイでーす」
「二人合わせてバーナービー・ロスでーす!」
探偵が迷い込んだパワレル・ワールドでは、なんとエラリー・クイーンが漫才師になっていた!
「もう一つの世界」

(その3)
小学四年生で出会った、乱歩の『怪奇四十面相』。
小林少年が百科事典に化けるシーンが今でも脳裏に焼き付いている。
はたしてあれは可能なのか! よし今こそ試してみよう。
40年以上の時を経て、大真面目にやってみた!
「四十二年後からの使者」

140416-03.jpg
こんな感じに作って……

140416-04.jpg
蛇腹に折り畳み可能!

140416-05.jpg
さて身体に装着して本棚に入ってみます。結果は本で!

(その4)
「蒐めた本は墓場まで持っていけない! 」
ある日そのことに気づいた探偵は、トランク一つに納まるようにコレクションの厳選を開始した。
死出の旅の友に間違いがあってはならない。悩んだあげく、探偵が二人に別れて議論を始めた。
「トランク一つで死にたい」

(その5)
講談社のPR誌に連載された『暗黒館の殺人』(綾辻行人)。
その連載分を綴じて私家版を作ってみた。
接着材はどうする? 紙は何をつかう?
これを読めば疑問はすべて解決。あなたにも私家版は作れる!
「私家版暗黒館」

140416-06.jpg
本は自分でも作れるのだ!

(その6)
只見にある漫画図書館「青虫」。昭和漫画館の名にふさわしく、そこには〈あの頃のマンガ〉が山のようにあり、実際に手に取って読める夢の場所だ。盟友北原尚彦氏を誘って出かけた探偵が感動の再会をはたした一冊とは!?
「三たび只見へ」

140416-07.jpg
昭和の漫画に囲まれて夢のよう

(その7)
「小林文庫」はネットの黎明期にミステリ書痴たちでにぎわった書評系サイトだ。
〈朝っぱらから朝山蜻一の話をしているような連中〉が、十年以上ぶりに開催した黒いオフ会で交わされる意味不明のやりとりを潜入レポート!
「二十九人の刺客」

(その8)
ミステリ界の重要人物であり、古書界の神様でもある島崎博さんの古書店回りのお手伝いをしてその買いっぷりの目撃者になる。
ゾクゾクする体験だったが、気がつけばなぜか我々は新所沢のメイドカフェにいた! どうしてこうなった!?
「新古書店とニーソックス」

140416-08.jpg
メイドさんに古書の話は通じるか!?

(その9)
ドグラ・マグラ対マラソン!
そして、日影丈吉対ヘヴィ・メタル!
この世に異種格闘技は数あれど、こんな組合わせをはたして誰が考えた!? そしてその結果は!?
「異種格闘技四本勝負」

140416-09.jpg
さあ、どっちが勝ったか予想しよう!

(その10)
その他、アシモフの『黒後家蜘蛛の会』へのオマージュ小説「黒函紙魚の会」、
コレクションで復興支援のお手伝い「本の力」、
カナダの古書店の地下に迷い込んだ探偵の危機「♪ミステリ・フロム・カナーダ」など、
魅惑の28エピソード! 
巻頭にはカラー口絵、そしてもちろん今回も月報付き。

140416-10.jpg
当たり前だが、カナダにも古書店はあるのだ!


(その11)
これまでのシリーズ三冊を単行本で買ってくれた方にはお愉しみも!
四冊まとめて棚に並べると……あら、とある遊びが発見できるかも。
ということで、どうぞよろしく!

(その12)
5月にキクニ関連のイベントが二つ開催されます。
こちらに本を持って来ていただければ、サインをさせていただきます。ぜひおいでませ!

(1)トークショー
   阿佐ヶ谷ロフト 5月18日(日)13時〜
   詳細は http://www.loft-prj.co.jp/schedule/lofta/date/2014/05/18

(2)「マサ拓Z」ライブ
   八王子 LiveBar X.Y.Z.→A 5月24日(土)19時半〜
   詳細は http://www.livebarxyz.com/schedule/2014/05/z.html
posted by kikuni at 23:12 | 日記