2012年10月20日

21日は目黒でライブ

121020-1.jpg121020-2.jpg

これに出ます。よろしく。
◎PAUL and YUKI PRESENTS
 『NOTHIN' BUT TROUBLE』
◎目黒LIVE STATION
◎10月21日(日)18時開場、18時半開演
◎出演
『HAMEL』
『マサ拓Z+』
『PAUL POSITION』
『SPECIAL SESSION』+DIOKEN、吉永GOKI訓春

詳細はこちら
http://www.livestation.co.jp/live-st/main_flame.html

……………………………………………………………………………
 
ということで、先日バンドの練習が行われました。
4バンドのうち、およそ3バンドが集まる合同練習。
いわゆる「リハ」というヤツです。

ライブ当日、本番前のリハを除いては、これが唯一のリハ。
気合いも入ろうってもんです。

プロの人ってすごいと思います。
初めてやる曲も、こんな感じで、一回とか二回合わせるだけなんやから。
ちうか、下手したら「リハなし」なんて場合もあるそうです。

各自、家で自分のパートを覚えてきて、当日に曲の構成を確かめて、んで本番一発勝負。

それに比べて、かつての大島渚です。
『カリフォルニアの青いバカ』という、みうらじゅんさん作詞作曲のこの1曲を、はたして何十時間練習したことでしょう。
最終的にはアルバム二枚分のレパートリーを持った大島渚ですが、『カリバカ』ほど練習した曲はありません。
もちろんそれはそれで、とても愉しい時間でした。
喩えれば、そう……
「覚えたての猿」というヤツでしょうか。


で、その一回きりのリハに出かけていきました。
場所は目黒のライブハウス「鹿鳴館」。

そう、ここで21日のライブが行われ……
ないんだなあ。ないんです。


そうです、ライブが行われるのは目黒の「LIVE STATION」。

なんと目黒「LIVE STATION」のリハを目黒の「鹿鳴館」でやろうというのです。

はい、その二つ、姉妹店でもなんでもありません。
正真正銘の、ライバル店です。

なのに、そんなことをやってしまったのです。
判りやすく言えば、講談社の机を借りて、小学館の原稿を描くようなものです。

確かに便利です。
大人数のリハ。町のスタジオでは面倒だし、
お得意さんを差し置いて、連続して時間を取るのも面倒でしょう。

「そんなことありなの?」ウチのバンマス、YUKIに訊いてみました。
音楽業界では普通なことなのかと思って。

「いや、ないね」とYUKIは笑います。
「でもね、俺とPAULが頼んだら、社長も仕方ないと言うしかないよなあ。だって鹿鳴館にはPAとかもプレゼントしたし」

いやあ、ロックやわ。これぞROCK!! 
よう判らんけど。


てなわけで「鹿鳴館」。
しかも今日は合同リハゆえに、「マサ拓Z」に特別出演するPAULもやってくるのです。

もうワクワクですよ。
PAULと一緒にあれとこれを歌うのですから。

嬉しさのあまり、ドラマーの大山正篤くん(元ZIGGY 現Shammon)にまで声をかけちゃいました。
「やあやあ20年ぶりに会わない? うん鹿鳴館。いや違う、ライブ本番はライステさ」
大山くんも笑う「困ったロックおやじたちだなあ」

大山くんは現れた。
握手してハグもした。


でも……


PAULは現れなかった。

体調不良。
ご存じの方もいるでしょうが、PAULはもうずいぶん前から、ちょっとやっかいな病気と戦っているのです。

少し残念に感じましたが、愉しみが先に延びたというものです。

さてさて、僕もみんなのように、自宅練習をしなければなりません。
でもでもでもでも……
本業が全然終わらなーーーーい!

★本日の画像
鹿鳴館で練習。でもくれぐれもライブはLIVE STATION
posted by kikuni at 22:08 | 日記

2012年10月10日

PAULとYUKIと

paul200.jpg

ひょんなことから始まったライブ活動「その3」のお知らせです。

吉田拓郎トリビュートバンド「マサ拓Z」。
何度も言うけど、一回で終わるはずでした。
でもメンバーにREACTIONのYUKIさんがいたおかげで、話は違う展開をみせました。

このブログを見てくれている方はご存じのとおり、
第二夜がありました。

二度目のステージは、元バービーボーイズのエンリケさんのバンド「THE KEY PROJECT」、
桑田佳祐さんの長男である桑田祐宜さんのバンド「READ ALOUD 」、
なんてすごい方と同じイベントに出演させてもらいました。

ええ、興奮しましたよ。
もうね、若い頃なら勘違いして「これからは音楽で食っていく!」
なんて宣言して、漫画の道具を全部捨ててしまったかもしれません。

でも幸いにもそんな無鉄砲な年齢ではありません。
「最後に良い夢みさせてもらった」
そんな感じで、過日を静かにはんすうする日々でした。



でもね、
YUKIは許してくれません。
「マサ拓Z」の第三夜も決めちゃったのです。

イベントタイトルは『Nothin' but Trouble』
主催はウチのYUKIとあのPAUL。

「あのPAUL」と聞いて「どのPAUL?」なんていう人はいないでしょう。
少なくとも、僕のブログを読んでくれている方の中には。

そうです、ジャパメタのビッグバンド、
あの「44MAGNUM」のPAULです!!

この二人はこれまで定期的に
「Play Da' 魂!」(PAUL)、「東京ゆき祭り」(YUKI)
というイベントを行ってきたのですが、
酔った勢いで「次は一緒にやるべ」ということになったらしいのです。

それだけですごいことです。
なのに、その大切なイベントの出演バンドの一つとして、
YUKIは「マサ拓Z」を選んでくれちゃったのです。

うおーうおーうおー。

「Play Da' 魂!」も「東京ゆき祭り」も今まで僕は客席にいたんだよ。
それが今度はステージに立つなんて!

しかも、僕の横にはPAULも立つらしいんです。
僕と一緒に歌うらしいんです。

何曲歌うのか知りません。
拓郎じゃない可能性もあると聞きました。
全部、他人事のようですが、
自分でも愉しみなので、あえてYUKIに確認しないでいるのです。

確認しなくてもリハのときに判っちゃいます。
そしたらきっとイッちゃいます。
何度もイッちゃって、イキすぎちゃって、
ライブ当日はカラッカラッのミイラになっているかもしれません。

そうなったら客席にいます。
うん、その方がいいな。
だって……演るより観ていたいもの、そのバンド。

ちゅうことで「マサ拓Z」は新メンバーPAULを加えて「マサ拓Z+」になります。
どぞよろしく。
でもって、四つめのバンドってなんだろ?
わくわくわく。


◎PAUL and YUKI PRESENTS
 『NOTHIN' BUT TROUBLE』
◎目黒LIVE STATION
◎10月21日(日)18時開場、18時半開演
 http://www.livestation.co.jp/live-st/main_flame.html
◎出演
『HAMEL』
Gt:志村"punchy"広司 (RE-ARISE)
Ba:反町"YUKI"哲之 (REACTION,DEVILS,LEGACY OF THE SOUL)
Dr:TOBBY (LEGACY OF THE SOUL, 邪眼, ex,AUTO-MOD)
Flt:PAL (夜長オーケストラ)
Sax:mako♪ (遊女)
support Key:杏奈 (ハニーフラッシュ)

『マサ拓Z+』
Vo:喜国雅彦 (漫画家、大島渚)
Vo:PAUL (44MAGNUM,PAUL POSITION)
Gt:志村"punky"広司 (RE-ARISE)
Gt:石坂"へ〜さん"昇平 (VAN-HEYSAN)
Ba:反町"YUKI"哲之 (REACTION,DEVILS,LEGACY OF THE SOUL)
Dr:KoREDS (AURA,昭和×エロチカ)
Sax:mako♪
support Key:渋谷有希子 (PAUL POSITION、LADY ANGEL 107)

『PAUL POSITION』
Vo:PAUL (44MAGNUM)
Gt:Charlie (梵天、ちゃぶだい)
Gt:HIROKAZ (今井芳継Project、THC、ex Resistance)
Ba:YuKKo (渋谷有希子、from LADY ANGEL 107)
Dr:A-ya
Key:MAMI

『SPECIAL SESSION』
追加参加ゲスト可能性有り!!

★本日の画像
「Play Da' 魂!」の公式サイトから拾ってきたPAUL。
もちろん無許可。でも怒られないよね?
だって同じバンドのメンバーなんだもん。
posted by kikuni at 11:25 | 日記