2012年07月05日

またまたバンドやります

120705-1.jpg120705-2.jpg120705-3.jpg

大変遅くなりましたが、6月23日、目黒ライブステーションに来ていただいた方々、どうもありがとうございました。

僕に「拓郎を歌いませんか」と誘ってくれたアリスユニットのみなさん、そしてLIVESTATIONの松谷さんもありがとう。
おかげで貴重な体験ができました。
と過去形になるはずが、どうやら今回のことで、僕の人生がちょっと変わってしまったようですw(後述)。

拓郎ユニットのメンバーたち、お疲れさま。
気持ちよかったですね。いい汗かきました。
打ち上げ最後まで参加したかったです。そしてYUKIさんや松谷さんとの拓郎カラオケも参加したかったです。

ライブの出来は聴いてもらった方々に判断してもらうとして、これだけは自信があります。
「あの日の会場で一番愉しかったのは、間違いなく僕だった」と。

 ※ ※ ※

ひょんなことから始まった拓郎カバーバンド。
もちろんこれで終わるはずでした。
おっさんの美しい(?)青春の1ページとして。

ところが……
今後のライブがいくつか決まってしまいました。

まず今月、7月27日にライブ出演します。
10月には二か所に出ます。その内一つは、多分ワンマンです(曲が足りません)。
そして鬼が笑う来年の6月のオファーもいただきました。

なんということでしょう。
人生、何がどうなるか判りません。

何度も演るとなるとバンド名も必要になってきます。

メンバーからメールで意見を求められたので「よしたくZ」と答えておきました。
もちろん読みは「よしたくーーぜーーーーっ!!」です。

ところが、少しの間、僕が寝落ちしている間に、他のメンバー間で「マサ拓Z」に決定していました。

「マサ」はきっと雅彦のマサでしょう。
恥ずかしいったらありません。

でも民主主義体勢をとっているバンドなので、多数決には逆らえません。

今後は(小声で)そう名乗ることにします。

ちゅうわけで、マサ拓Z 2発目の告知です、
7月27日(金)秋葉原CLUB GOODMAN
エンリケさん(元バービーボーイズ Bass)主催のイベント
"E-MODE"is BACK! に出演します。
詳細はこちら
http://clubgoodman.com/

エンリケさんのバンド THE KEY PROJECTは、Dr,Vo;工藤哲也(NIGHTt HAWKS)/G;八重樫浩(BOWWOW)] という強烈なメンバー。

なぜ僕がそんな人たちと同じステージに?
という疑問はあるでしょう。
だって僕自身がそうなんですから。

理由は
うちのベース(&バンマス)である反町YUKIさんが、個人で受けた依頼をマサ拓Zで返してしまったから、です。

若い頃ならビビって断っていたでしょう。
でも50歳をとうに越えた今は怖いものはありません。
恥も後悔も抱える時間はあとわずか。
遊びの食い逃げをするだけです。

というわけで、7月27日をよろしくお願いします。

そうそう共演の READ ALOUD のリーダーは桑田祐宜さん。
はい、名前でお判りですね。あの有名ミュージシャン二人を親に持つミュージシャンです。
ううむ、興味津々。
posted by kikuni at 11:29 | 日記